SSL化?よくわからないけど、やってみた。

あずの勉強

いつも読んでいただきありがとうございます!

さて、

SSL化しないと警告が出現するとか・・・?

なんでも、Google Chromeの更新によってSSL化されていないサイトに警告が表示されるようになったらしいです。
これはGoogle Chromeからのアクセスの場合であり、safariなどの他のサイトは別のようです。しかし、日本国内でのGoogle Chromeの利用は50%を超えているとのことなので、サイトを見に来てくださった方の半分に対して警告が出るかもしれないと考えるとSSL化した方が良いのかなって感じです。

警告が出て、それをいちいち飛ばすという面倒な手間をかけるのも申し訳ないので。

SSL化ってなんぞや?

そもそもSSL化と言われても全く意味が分からないし、どういうものなの?って感じです。
ITなどに詳しくないと英語の専門用語みたいなものって余分に難しく思いがちではないでしょうか?

というわけで、自分のブログではなるべくわかりやすい言葉で書いていきます!これを読んでさらに興味や関心を持ってもらえれば嬉しいです!

では、本題へ!笑

SSL=Secure Sockets Layerの略です。
Secure:守る
Sockets:受け口
Layer:層
日本語の意味を調べてみたのですが、なかなか出てこない。。。ので、各単語の意味を調べてみました。

とりあえず、何かを守ってくれるものみたいですね。

では、何を守ってくれるのか?
SSLとはインターネット上でのデータ送受信を暗号化して送るための道具みたいなものです。
HPにアクセスするには自分の携帯やパソコンから「今からアクセスするよ!」という信号を送り、
その信号を受け取ったHP側から「来ておくれ!」という信号を送り返すというデータ通信が行われています。かなりざっくりした例えですが、間違ってはないハズ笑

その信号を外部の第三者にはわからないように暗号化する方法をSSL化というのですね。

SSL化されているかいないかを簡単に見極める方法があります。それは・・・

HPのアドレスが
http://~  ⇐SSL化されていない
https://~ ⇐SSL化されている
この違いで見分けることが出来ます!
簡単に見分けることが可能なので、気にしてみてください!

SSL化していないと危ないの??

では、もし暗号化しないで信号のやり取りを行ったとして、何が危ないのか考えてみましょう。

わかりやすいように現実世界で考えてみます。(今からの例はSSL化していないと仮定してます)

今からAさんが買い物に行こうとしています。(HPにアクセスしようとするような感じ)

もしその行動がBさんには筒抜けであったら?Aさんが今から行こうとしているお店に先回りされたり、何を買ったか、クレジットカードで支払ったらその暗証番号などの個人情報をBさんは手に入れることが出来てしまいます。
Bさんに悪意がなければ良いですが、悪意があった場合、個人情報を漏らされたり、ストーカーをされたりと多くの危険が考えつくのではないでしょうか?

わかりやすかったですかね?笑

とにかく、SSL化していないと情報が盗まれて、その情報を悪用される可能性が高くなるということです。

SSL化って難しい??

ここまででSSL化というものがどんなものか、イメージは多少出来たのではないでしょうか?
でも、実際にサイトをSSL化するって難しいそうなイメージはありますよね。自分は正直、実際にやってみるまでそう思っていました。

しかし、実際にやってみると思っていた以上に簡単でした。
「SSL化 やり方」で検索するといろんな方が詳しく解説してくださっています。
それを頼りにして行えば、難しいと思っていたのに簡単に出来ました!

もし、ブログやHPを運営されている方でまだSSL化していない方はぜひやってみてください!

ちなみに、自分はエックスサーバーを利用してwordpressでこのブログを運営しています。
エックスサーバーではSSL化を無料で利用できるので、これからブログやHPを運営してみようかなっていう方はエックスサーバーでどうでしょうか??

全くの素人でブログを始めた自分ですが、エックスサーバーで何の問題もなく今のところ運営出来ています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ではでは。。。
Enjoy Your&My Life!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました